円形闘技場

円形闘技場

ローマ時代(推定紀元1世紀頃建造)の遺跡で世界遺産。長径136m・短径107mでフランス最大の闘技場。1825年に闘技場として復元され現在でも闘牛やコンサートが行われている。入り口の上にある塔からは円形闘技場の全体はもちろん、素晴らしいアルルの町を眺めることもできる。

Sponsored Link