パノラマーベイファーム笠岡ー

ベイファーム笠岡

農林水産省が国営笠岡湾干拓事業及び笠岡臨海工業地等造成事業として昭和41年12月に着工し、海面1,810haを干拓して農業用地を1,190ha、工業用地を460ha、残り160haを港湾水域として造成したもの。

Sponsored Link



名称  ベイファーム笠岡
所在地  笠岡市笠岡干拓地
TEL  0865-69-2147 笠岡市役所産業振興課
概要  国営笠岡湾干拓建設事業の概要、

本事業は、岡山県及び笠岡市の要請により、農林水産省が国営笠岡湾干拓事業及び
笠岡臨海工業地等造成事業として昭和41年12月に着工し、海面1,810haを干拓して
農業用地を1,190ha、工業用地を460ha、残り160haを港湾水域として
造成したものである。

また必要な農業用水・工業用水及び上水道用水の各種用水は、水源を備中町の
新成羽川ダムに依存し、これを船穂町地先の高梁川にて取水し、延長約24kmの
共用導水路で、途中工業用水・上水に分水しながら笠岡湾干拓地へ導水する。

営農としては、畜産・耕種複合・園芸複合経営によるモデル的な大規模自立経営農業の
確立を図り、高い生産性及び高所得を目途に、農業の生産地を創設し、
これを軸として周辺の諸整備を行うとともに、田園工業都市への発展が大きく期待される。

造成面積:農業用地 1,190ha(甲子園300個分)、

土地改良財産(堤防・道路・水路等)245ha、

農地(一般配分地)471ha、

農地(粗飼料生産供給基地)378ha、

営農関連用地(営農施設用地入植者用住宅地)41ha、

その他用地(一般廃棄物処理施設・運動公園等)37ha、

干拓営農センター18ha、

工業用地(県)74ha、工業用地(日本鋼管)、386ha、

港湾水域(県)160ha 計810ha、

主要施設:堤防 東側堤防 L=3,816m、西側潮止堤防 L=850m(現地案内板)

主要施設  笠岡ふれあい空港、「道の駅」笠岡ベイファーム

かさおか太陽の広場ー野外型交流広場(面積232,240㎡)、

イベント広場、拓けゆく泉の広場、噴水広場、フィットネス広場、芝生広場、

ローラースケート場、シンボル広場、多目的広場、ターゲットパーゴルフ広場、

BMX自転車競技場、野園風化園、彫刻広場、ロックガーデン、花木園、野園花壇、

駐車場ー普通車484台、バス3台

花の見所  サクラ(べいふぁーむ笠岡千本桜):

規模ー大島桜約1,000本、約3km、花季ー4月中旬、

菜の花:規模ー約10ha、3,000万本、花季ー4月中旬~下旬、

ヒマワリ:規模ー約10ha、100万本、花季ー8月中旬、
他にポピー、コスモスも有り、

(サクラ以外は、道の駅「笠岡ベイファーム」周辺)

交通  JR山陽本線笠岡駅より徒歩約15分、

山陽自動車道笠岡ICより車約15分

駐車場  普通車31台、大型車11台(「道の駅」笠岡ベイファーム駐車場)

Sponsored Link



案内図ーベイファーム笠岡ー

案内図(現地案内板)