岡山県内の観光・旅行・県内へ移住希望の方-ご参考サイト!-岡山再発見の旅-

井原市

井原市は人口42,787人。岡山県南西部、小田川沿いの盆地に開けた町で北部は吉備高原へと続く丘陵地帯である。

Sponsored Link



市東部の西江原は、元暦2(1185)年2月19日、四国屋島の合戦で軍功を納めた那須与一が恩賞として賜った地の一部であり、那須氏ゆかりの古跡も多い。また東江原の高越城址は、戦国時代の英雄北条早雲が若い頃過ごした地とも言われている。西部の高屋、七日市は参勤交代をする諸大名の宿駅として栄えた。ジーンズ等織物の生産地でもある。

中国地方の子守歌(♪”ねんねこしゃしゃりませ”)発祥の地としても知られ、彫刻家、平櫛田中の作品を展示する「田中美術館」、ここで祈祷を受けた衣服・肌着(布)を身体に付けていると、無病息災で幸福に暮らすことが出来、また年老いて嫁の世話にならないで済むという御利益があるとされ多くの参拝客が訪れる「嫁いらず観音院」、整備されたオートキャンプ場、野外音楽堂、パターゴルフ場があり家族連れで楽しめる経ヶ丸グリーンパークなど訪れる所は多い。

また、美しい星空が見られることから名付けられた美星地区には天文台や、鎌倉から室町時代にかけての吉備高原一帯の村の様子を今に甦えらせたテーマパーク「中世夢が原」、新鮮な食材を求めて多くの人が訪れる星の郷青空市などがある。

井原市-市役所 TEL 0866-62-9500 〒715-8601 岡山県井原市井原町311-1
人口 42,787人 うち65歳以上人口 14,379人(33.6%) 世帯数 16,662世帯 総面積 243.54㎢

主な見所-嫁いらず観音院田中美術館華鴒大塚美術館経ヶ丸グリーンパーク高越城址法泉寺、井原堤、星の郷「青空市」中世夢が原神楽民俗伝承館、鬼ヶ嶽、美星天文台スペースガードセンター展示館星のリゾート、天神橋、

Sponsored Link



祭り・イベント等-桜まつり(3月・4月)、産業まつり(4月)、北条早雲まつり(4月)、中世夢が原GWイベント(4月・5月)、芳井宵あかり(7月)、井原夏まつり(8月)、納涼花火大会(8月)、天の川まつり(8月)、与一まつり(8月)、中世夢が原大神楽(9月)、美星ふるさと祭り(10月)、芳井ふるさと祭り(11月)、ごんぼう村フェスティバル(12月)、全国健康マラソン井原大会(3月)

名物・特産-井原ワイン、ぶどう(ピオーネ、瀬戸ジャイアンツ、安芸クイーンなど)、ジーンズ、明治ごんぼう、豚肉加工品、手打ちそば、乳製品

沿革
昭和28(1953)年  4月 1日 後月郡井原町、西江原町、高屋町、県主村、木之子村、山野上村、青野村、荏原村、小田郡大江村、稲倉村が合併(井原市)
平成17(2005)年  3月  1日 小田郡美星町、後月郡芳井町を合併

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © たびおか-旅岡山・吉備の国- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.