岡山県内の観光・旅行・県内へ移住希望の方-ご参考サイト!-岡山再発見の旅-

里庄町

里庄町は人口11,139人。岡山県の南西部に位置し町の中央を国道2号線、山陽本線が東西に走り、北と南には小高い山を配した自然豊かな町。

Sponsored Link



町のほぼ中央部、町役場付近には、総合文化ホール、福祉会館、中央公民館等の文化、福祉施設が立ち並び、銀寿観世音菩薩のある鳶尾城跡をはじめ、北部の自然豊かな地域には、歴史を秘めたさまざまの史跡、寺院が散在している。

日本の物理学の父といわれる仁科芳雄博士を輩出した里庄町、博士の暖かい人柄に触れることの出来る生家や科学へのロマンを体験できる仁科会館をはじめとし、アウトドア派のためのフィールド「里庄美しい森」、里庄の歴史を知りたい人のための歴史民俗史料館など訪れる所は多い。

里庄町歴史民俗資料館

里庄町歴史民俗資料館

里庄町歴史民俗資料館

里庄町の歴史の中で使われてきた民具や、生活を支えた麦稈真田、大原焼を主として陳列。特に、里庄の産業であった大原焼(こたつ・ほうろく・かまど・火鉢等)を収蔵・展示するとともに保存につとめている。

仁科芳雄博士生家

仁科芳雄博士生家

仁科芳雄博士生家

ノーベル物理学賞受賞の湯川・朝永両博士を指導、日本の物理学の基礎を築き、戦後初めての文化勲章を受章した仁科芳雄博士が幼・少年時代を過ごした生家。仁科芳雄博士が過した在りし日をしのぶことが出来る。

仁科会館

仁科会館

仁科会館

わが国原子物理学の父ともいわれる仁科芳雄博士の偉業を顕彰すると共に次代を担う人たちの科学教育施設で、ここでは、博士の遺品類に接することができ、展示機材を通じ好奇心を養うことが出来る。

Sponsored Link



里庄町-町役場 TEL 0865-64-3111 〒719-0398 岡山県浅口郡里庄町里見1107-2
人口 11,139人 うち65歳以上人口 3,185人(28.6%) 世帯数 4,306世帯 総面積 12.23㎢

主な見所-仁科芳雄博士生家仁科会館、虚空蔵公園、里庄美しい森、つばきの丘運動公園

祭り・イベント等-夏まつり里庄(8月)、厚生体育大会(9月)、産業文化祭(11月)、里庄町フォトコンテスト(1月)、健康まつり(2月)

名物・特産-桃、天文いちご、まこもたけ、トレビス

沿革
明治38(1905)年 4月 1日 浅口郡里庄村、新庄村が合併(里庄村)
昭和25(1950)年 6月 1日 町制施行(里庄町)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © たびおか-旅岡山・吉備の国- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.