高梁市の西部、成羽川に沿った地域。石灰岩台地を成羽川が削り取り、急峻な断崖とその上にある台地、そして成羽川とその支流の川沿いにわずかに開けた平野部が独特の町の作っている。上流部には新成羽川ダムにより造られた備中湖がある。

Sponsored Link



用瀬嶽フリークライミング広場

用瀬嶽

用瀬嶽フリークライミング広場

垂直にそそり立った岸壁が数百メートルにわたって連なっている。シャワー、浴室、トイレ等が完備した用瀬小屋に加えオートキャンプ場も整備されており、フリークライマー達は全国から集まっている。

備中郷土館

備中郷土館

備中郷土館・景年記念館

備中やすらぎの里の中の施設。備中郷土館には、農耕道具や、農民たちの民具などを展示、併せて文献や古文書も展示。景年記念館には、備中町出身の書道家「川上景年」氏の書道作品等650点を収蔵、順次展示。

西山高原

西山高原

西山高原

高梁市の北西部西山高原にあるキャンプ場。新成羽川ダム湖の眺めが素晴らしい。キャンプサイト数29サイト―オートキャンプ場(芝生)17サイト・(林間)7サイト・RVパーク(車中泊施設)5サイト―

名称  備中町ー高梁市ー
所在地  〒716-0396 高梁市備中町布賀29-2
TEL  0866-45-2211 高梁市備中地域局
概要  谷と台地の町。

川沿いの国道を走っている限り、普通の山あいの町。

だが、この急峻な山の上では人が住み畑を耕している。

下を走っている限り夢にも想像できない。

だが、山道を昇るとそこは、きれいに耕された畑が広がる平坦な台地。

谷を越えて隣にも同様の天上の部落が…。

橋を架けて渡ってゆきたい気持ち。

非常に不思議な町です。一度訪れてみては?

近くの見所  やすらぎの里(備中郷土館・景年記念館)水車小屋、センターハウス、
用瀬嶽フリークライミング広場西山高原笠神の文字岩、観音寺の鰐口、石造方柱碑、
新成羽川ダム田原ダム
交通  JR伯備線備中高梁駅より川上バスセンター行バス25分、終点下車(乗換え)、
平川行バス10分、やすらぎのさと下車、

岡山自動車道賀陽ICより車で約40分

駐車場  普通車20台、バス2台

Sponsored Link



笠神の文字岩

笠神の文字岩

笠神の文字岩

成羽川の上流、笠神の龍頭の瀬にある鎌倉時代の河川交通の遺跡。わが国水運開発史上最古のもので極めて重要な史跡。徳治2年の航路が完成した旨の碑文があるが、今では新成羽川ダムの貯水池の底になっている。

新成羽川ダム

新成羽川ダム

新成羽川ダム

水島臨海工業地帯をはじめ備中地域への電力供給を目的に中国電力が建設した重力式アーチダム。下流にある、田原ダム、黒鳥ダムと一体で備中地域への電力及び工業用水供給の機能を果たしている。

田原ダム

田原ダム

田原ダム

成羽川に造られた中国電力の発電用、工業用水供給用ダム。新成羽川ダム、田原ダム、黒鳥ダムの三基の内の一基。三つのダムが一体となって機能し、水島等臨海工業地帯への電力と工業用水の供給が主な目的。