BIZEN中南米美術館

BIZEN中南米美術館

日生町で漁網の製造・販売を営んでいた故森下清一氏のコレクション-古代アメリカ大陸で作られた土器・土偶・石彫・織物を中心に約1,800点ーを収蔵展示。美術館の外壁は、岡山県重要無形文化財備前焼作家故藤原建氏の制作した約1万6千枚の備前焼の陶板で覆われている。

Sponsored Link



名称  BIZEN中南米美術館
所在地  〒701-3204 備前市日生町日生241-10
TEL  0869-72-0222(土・日・祝日)、

0120-346-287

展示種類  中南米美術
主要展示品  中南米諸国の出土品
特色  全国的にも珍しい中南米諸国の出土品等(土偶他)を展示している。美術館は備前焼
タイルを使用した建築物。
料金  (個人)大人700円 高・大学生500円 小・中学生300円

(団体)20人以上大人600円 高・大学生400円 小・中学生250円

開館時間  9:00~17:00(16:30まで受付)
休館日  月曜日~金曜日(祝日の時は営業) 12月28日~1月4日、

来館一週間前までに2名以上で予約の場合は休館日でも開館

交通  JR赤穂線日生駅/徒歩7分 山陽自動車道赤穂IC/車15分、

岡山ブルーライン備前IC/車10分

駐車場  普通車5台 バス1台
URL  BIZEN中南米美術館

Sponsored Link