大山寺本堂

大山寺本堂

大山寺は、養老2(718)年金蓮上人がお堂を建てて地蔵菩薩を祭り、修験者の根本道場とした事に始まる。貞観7(865)年、慈覚大師により天台宗になり、平安末期から室町時代にかけては160の僧坊と3,000人を超える僧兵を擁する大寺院として賑わった。参道沿いには、食事処、旅館、みやげ物店、大山寺に近づくと、地蔵尊、不動明王や手水鉢などの奉納物が並んでいる。

Sponsored Link



名称  天台宗別格本山 角磐山 大山寺
所在地  〒689-3318 鳥取県西伯郡大山町大山9
TEL  0859-52-2158
宗派 天台宗
開基  養老2(718)年
特色  大山寺の博労座駐車場から大山寺本堂までの参道の石碑や奉納物、地蔵尊など
大山寺の歴史を楽しめるものが多い。

また、明治の神仏分離令により今は別の神社となっているが、大山寺の奥には、
大神山神社奥宮が祀られている。

交通 JR米子駅より日交バス大山寺行50分、大山寺下車、徒歩約20分、

米子自動車道米子ICより車で約15分、博労座駐車場より徒歩約20分

駐車場 博労座駐車場

Sponsored Link



大山寺参道案内図