金花山観音院

金花山観音院

奈良時代の神亀~天平年間(724~749)の創建と伝えられ、戦国時代に備中松山城主三村元親と安芸の毛利輝元が戦った備中兵乱ー天正2(1574)年~天正3(1575)年によって荒廃し、長期間再建されなかったが、江戸時代初期の寛永6(1629)年になって宥賢和尚により現在地へ移転、再興された。現在の本堂は昭和59年に建築されたもの。

Sponsored Link



名称  備中西国三十三所観音霊場 第三十一番霊場 金花山 観音院
所在地  〒701-0164 岡山市北区撫川157
TEL  086-293-3449
本尊 聖観世音菩薩
開基 神亀~天平年間(724~749)
交通  JR山陽本線庭瀬駅から徒歩約15分、

瀬戸中央自動車道早島ICより車で約25分

駐車場  ー