国清寺山門

国清寺山門

萬歳山国清寺は、釈迦如来を本尊とする臨済宗妙心寺派の禅寺である。この寺は、慶長14(1609)年池田利隆が建立し、当初は法源寺と号した。その後、池田家の国替などによって寺歴は複雑化しているが、寛永9(1632)年池田光正が鳥取から移封されると、彼は祖父輝政・父利隆を祀る寺として、国清寺と改称した。

Sponsored Link



名称  萬歳山 国清寺
所在地  〒703-8293 岡山市中区小橋町2-4-28
TEL  086-272-0066
宗派  臨済宗妙心寺派
本尊  釈迦牟尼佛
創建  慶長14(1609)年
開基  池田利隆
文化財  岡山市指定重要文化財 国清寺梵鐘
鐘楼に吊された銅鐘は、総高120センチメートル、口径68センチメートルを測り、
和鐘の類型を踏まず、朝鮮鐘の要素を取り入れたものである。

すなわち、身の上方に四区画の「乳の間」を配するのみで、鐘身は区画のない自由な
キャンパスとして、漢画風の阿弥陀浄土図を浮き彫りしている。

撞座は亀型の珍しいものである。

また、後記の様な銘文があり、寛文5(1665)年に藤原国次によって制作され、
藍田光宰によって寄進されたことなどが判る。

冶工の国次は、京都の著名な鋳物師で岡山市円山の曹源寺などにも兄弟鐘と
いうべき鐘(1698年銘)が伝えられている。

銘文

(表撞座) 萬歳山 国清寺  (裏撞座) 寛文五乙巳暦仲春日、

(鐘身内) 洛陽釜座 冶工和田 信濃大堟 藤原国次 住持此丘 藍田光宰 寄付之

                                 (現地案内板)

交通  JR岡山駅から車で約7分、

山陽自動車道岡山ICから車で約25分

駐車場  有り

Sponsored Link