パラグライダーー王子が岳ー

パラグライダー

奇岩怪石が、今にも落ちそうに張り付いた独特の山容を持つ王子が岳。山頂パークセンター眼前には、備讃瀬戸、四国連山が一幅の絵を見るように広がっている。山麓にある白砂青松の渋川海岸は、中国地方屈指の海水浴場で、一帯は国立公園として管理されている。

Sponsored Link



名称  王子が岳
所在地  〒711-0904 玉野市渋川4丁目
TEL  0863-33-5005 玉野市役所商工観光課
概要 玉野市の西端、倉敷市児島地区の東端に位置し、全山が巨岩奇岩の特異な景観を有し、南方
には瀬戸内の島々と屋島、琴平、五色台などの讃岐路が、北方には吉備高原を一望すること
ができる。

渋川海岸からは登山道が整備され、山頂には王子が岳パークセンターがあり、瀬戸大橋の
全景を見渡すことができる。

山頂近くには、パラグライダーのテイクオフがあり、風の条件が良い日にはのんびりと空を
飛ぶ多くのパラグライダーを眺めることができる。

瀬戸内海国立公園 王子が岳・渋川地区 面積463ha、

国立公園指定 昭9.3.16 王子が岳 昭25.5.18 大槌島・堅場島・祖父祖母島・渋川海岸、

岡山県内展望の見所ー海及び諸島・日の出の見所

由来 むかし、ここに王子がいました。

王子は百済(くだら)姫の子供であるともいわれています。

柴坂(しばさか)の王子、坂手の王子、筈割(はずわり)の王子、峰の王子、日の王子、
錫投(すずな)げ王子、谷の王子、瓶割(かめわり)王子の八人です。

それでここを王子が岳とよぶようになったのです。(現地案内板より)

交通  JR岡山駅より渋川行き特急バス70分、渋川下車車で約10分、または徒歩60分、

瀬戸中央自動車道児島ICより車で約30分

駐車場  普通車150台、バス10台

Sponsored Link



瀬戸内海ー王子が岳より・パノラマー

瀬戸内海