布滝

布滝

黒岩高原、阿波森林公園の標高830mにあるこの滝は、黒く光る岩盤上いっぱいに飛沫をあげて、10m程の幅で転がるように落下している様子が、布を晒している様に見えるところからこの名があるという。

Sponsored Link



名称  布滝(のんだき)
所在地  津山市阿波落合
TEL  0868-32-7043 津山市阿波支所産業建設課
概要  黒岩高原の水を集めて落下するこの滝を布滝といいます。

ここからは滝の一部しか見えませんが上部には更にすべり落ちるようにして流れる
ナメ滝が続き、滝の頭から合わせると高さは50mに及んでいます。

この滝は岩の黒さと滝の白さがあざやかなコントラストをなし遠くから見るとちょうど
布を晒したように見えるところから布滝と名付けられたと云われています。

昔は滝の下に大きな滝壺があり、2mに及ぶオオサンショウウオがすんでいたそうです。
岡山県・環境庁(現地案内板)

特記  下では尾所の桜も終わっている4月26日に行ったのだが、山の上では山桜が咲き、
木々がやわらかい芽を出したばかりで非常にきれいだった。

駐車場付近の標高ー787m、布滝付近の標高ー830m、駐車場から滝壺まで約280m、
途中100m程の所の右側に六方石群(柱上節理)が見える。

近くの滝  白髪滝(しらがたき)ー鳥取県境の山地から落合渓谷の支流、黒ナメラ谷の一角にある。

流れ落ちる様子が老人の白髪の様に幾条にもわかれて流れ落ちている事からこの名が
付いた。白髪神社が祀られている。

大滝(おおたき)ー大滝頭とよばれる一帯を水源として、玄武岩の岸壁を落差約38mで
流れ落ちている。

交通  JR因美線美作河井駅より市営阿波行バス10分、落合口下車徒歩約50分、

中国自動車道津山ICより車約50分

駐車場  普通車5台

Sponsored Link