御洞渓谷

御洞渓谷

新見市大佐地区の北部、高梁川の水源となる御洞渓谷。備作山地自然公園内に位置し、春には自生するシャクナゲ、初夏の新緑、秋の紅葉など四季を通じてその時々の渓谷美を楽しむことが出来る。

Sponsored Link



名称  御洞渓谷(おどうけいこく)
所在地  〒719-3502 新見市大佐上刑部つづら畑
TEL  0867-98-2113 新見市大佐支局経済建設課
概要  規模5ha、

自生シャクナゲの見所、花季ー4月下旬~、

紅葉の見所ーブナ、ナラ、トチ、カエデ、時期ー10月下旬~11月上旬、

渓谷には、高さ10m、幅5m程の御洞の滝もあり紅葉が美しく映える。

交通  JR姫新線刑部駅車20分、

中国自動車道新見ICより車約50分

駐車場  無し