岡山県自然保護センター

岡山県自然保護センター

岡山県自然保護センターは、吉井川中流県立自然公園の一角にある自然観察のフィールド。森林・草原・湿原など、自然とのふれあいを通して自然保護の心が学べる。タンチョウの飼育も行われている。広い園内には、散策路が設けられており、自然とのふれあいを楽しみながらのウォーキングにも最適。

Sponsored Link



名称  岡山県自然保護センター
所在地  〒709-0524 和気町多賀730
TEL  0869-88-1190
規模 約100ha
見所  (春)ウグイス、ツツジ、(夏)野鳥のさえずり、湿生植物園のサギソウ、
(秋)アカマツ林の緑、コナラの紅茶、赤トンボ、(冬)ジョウビタキ、ツグミ、
(その他)タンチョウツル、
付帯施設  センター棟(自然観察の手助けとなる資料がある)、タンチョウツル飼育センター、
野鳥観察小屋、
主な動物 タンチョウ、クワガタ、カブトムシなどの昆虫、コゲラ、カケスなどの野鳥他、
主な植物 サギソウ、トキソウ等の湿生植物、ミズアオイ、ヒシモドキ、アサザ等の水生植物、
体験 バードウォッチング/自然観察/ノルディックウォーキング体験/ホタル観察会など多数
付近の見所  三保高原スポーツ&リゾート(旧佐伯ファミリーパーク)
入園料金 無料
開園時間 9:00~16:30
定休日 火曜日、祝日の翌日、12月28日~1月4日
交通  JR山陽本線和気駅より車約25分、

JR山陽本線熊山駅より車約20分、

山陽自動車道和気ICより車約30分

駐車場  普通車82台、バス13台
URL 岡山県自然保護センター

Sponsored Link