両宮山古墳

両宮山古墳

5世紀中頃に築造された、全長192mの前方後円墳で、造山古墳、作山古墳と並び、県下の三大古墳に数えられ、周濠を持つとしては、県下では唯一のものである。周囲を、廻り山古墳、森山古墳、茶臼山古墳、正免東古墳が取り囲み全体が大規模な墓域となっている。

Sponsored Link



名称  国指定史跡 両宮山古墳(りょうぐうざんこふん)

昭和2年4月8日指定、追加指定 昭和53年2月8日、追加指定 平成18年1月26日

所在地  赤穂市穂崎
TEL  0869-55-6175 赤磐市観光協会
概要  両宮山古墳は、五世紀の中ごろ築造されたもので、岡山県においては造山古墳、
作山古墳と並ぶ大規模な前方後円墳です。

墳丘の全長192m、後円部の径103m、前方部の長さ120m、周囲に幅約40mの
周濠を巡らせています。

高さ20m以上の墳丘は、周囲の土を掘って築き上げたもので、平地に築造された
大型の古墳として典型的なものです。

前方部は発達した墳形をしており、くびれ部両側に造り出しがが設けられています。

墳丘前方部には戦国時代には城主和田伊織の両宮城(砦)があったと伝えられており、
いくらか改変を受けていると考えられています。

1927(昭和2)年4月8日、国の史跡に指定され現在に至っています。

周囲を森山古墳、正免東古墳、廻り山古墳、茶臼山古墳が取り囲み、全体が広大な
墓域となっています。

また、さらには小山古墳、朱千駄古墳等を配して、吉備地方屈指の大規模な西高月
古墳群を形成しています。

平成15年3月 山陽町(現赤磐市)教育委員会(現地案内板)

稚媛伝説 両宮山古墳と稚媛伝説、

今からおよそ1500年前、このあたりは吉備上道臣(きびのかみつみちのおみ)
田狭(たさ)という豪族が支配し、大和朝廷に並ぶほどの強い勢力を誇って
いました。

両宮山古墳は、その田狭の墓ではないかと言い伝えられています。

田狭には稚媛という美しい妻がいましたが、あまりの美貌ゆえに雄略天皇が自分
の后にしてしまいました。

任那(みまな)の国司として派遣されていた田狭は、留守に妻を奪われたことを
知り、新羅と結んで天皇に背こうとしました。

怒った天皇は田狭の子である弟君(おとぎみ)に父を討つことを命じましたが、
弟君は新羅へは向かわず田狭の軍と結ぼうとしました。

これを知った弟君の妻楠姫は、夫に謀反の心があることを知り、弟君を殺して
しまいました。

妻稚媛を天皇に奪われ、わが子弟君を殺された田狭の嘆きはどのようなもので
あったでしょうか。

しかし、田狭のその後は「日本書紀」に記されていません。

それから十数年後、雄略天皇が崩御されると、稚媛は雄略天皇との間に生まれた
星川皇子(ほしかわのみこ)を天皇にしようと田狭の子兄君(えぎみ)らと
ともに画策。

皇太子白髪皇子(しらがのみこ)と争いましたが、やがて立てこもっていた大蔵に
火が放たれて、最期を遂げます。

「日本書紀」には、滅びゆく豪族の姿と数奇な運命がこのように描かれています。

壮大な両宮山古墳は、今もなお、古代の悲しい物語を語り続けているのです。

赤磐市観光協会(現地案内板)

交通  JR岡山駅より宇野バス、ネオポリス行、または湯郷・林野方面行、新道穂崎下下車、
徒歩約5分、

山陽自動車道、山陽ICより車で約10分

駐車場  有り

Sponsored Link