南仏の旅

南仏の旅

早くからギリシャ、ローマ文明の影響を受け、その遺跡はプロヴァンス地方のあらゆる街や村に見出される。岡山県の気候によく似た気候を持つプロヴァンス、今もその魅力は尽きることなく多くの旅行者が訪れている。また、南仏プロヴァンスは、セザンヌ、ゴーギャン、ゴッホなど、多くの印象派の画家たちが移り住み創作活動をしたところとしてもよく知られている。

Sponsored Link



南仏プロヴァンス

南仏プロヴァンス

プロヴァンス地方

素晴らしい環境と景観美、年間の日照時間が2,500時間という恵まれた気候と、数多く残る文化遺産。ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ、ホール・セザンヌを始めとする多くの芸術家たちを魅了してきた。 私たちの心にもそれらの作品を通して焼きついており、一度は是非訪れてみたい地方。

コート・ダジュール

コート・ダジュール

コート・ダジュール

碧い空と碧い海、独特の陽光に輝く冬でも温暖な気候の地中海沿岸地域。コート・ダジュールと呼ばれるようになったのは、1887年刊行のステファン・リエジャール著『ラ・コート・ダジュール』が契機とされるとのこと。その素晴らしい気候と独特の雰囲気を求めてフランス内外から年間8,300万人もの人々が訪れる。

かって、「南仏プロヴァンスの12ヶ月」ーピーター・メイル(Peter Mayle)作、はミリオンセラーとなりプロヴァンス・ブームを引き起した。小説を書くために南仏プロヴァンスに、200年を経た石造りの農家を買い取って、そこでの暮らしに馴染んでいく過程を月々の気候の移り変わりに沿って12編の小説にまとめたものです。

Sponsored Link