通仙園ー宮の鼻ー

通仙園ー宮の鼻ー

瀬戸内海国立公園は、昭和9年にわが国で最初の国立公園として指定され、通仙園は、昭和25年に追加指定された。春(4月中旬~4月下旬)にはつつじの花を楽しむことが出来、源平合戦の昔から変わらない、水島灘の島々を眺めることができる。また、宮の鼻からは,水島工業地帯を望むことが出来る。

Sponsored Link



名称  瀬戸内海国立公園 通仙園園地ー宮の鼻ー 昭和25年追加指定
所在地  倉敷市児島通生
TEL  086-426-3495 倉敷市役所公園緑地課
特色 通仙園の入口には、国指定重要文化財の鳥居のある本荘八幡宮があり、また、
通仙園の近く、国道430号線通生には、庭を眺めながらおいしい「手打ちうどん」を
楽しむことが出来る梅荘(ばいそう)がある。
交通  JR瀬戸大橋線児島駅より塩生経由倉敷行きバス15分、通生辻浜下車徒歩約10分、

瀬戸中央自動車道児島ICより車で約7分、徒歩約5分

駐車場  ー

通仙園案内図

通仙園案内図

Sponsored Link