有隣荘ー大原家旧別邸ー

有隣荘

Sponsored Link



有隣荘は、大原孫三郎が、病弱な妻のために旧大原家住宅の隣に建てたー昭和3(1928)年ー別邸で、緑色の瓦から「緑御殿」とも呼ばれている。緑色の瓦にオレンジ色の壁は、黒い瓦に白壁の倉敷美観地区の中でひときわ目を引く。特別公開日以外は見学は外観のみ。