瑞雲寺本堂

瑞雲寺本堂

この寺は、暦応年中(1338~1341)多田頼貞の嫡子能勢太郎左衛門頼仲の創建といわれ、満願山成就寺と呼んでいたが、慶長7(1602)年、岡山藩主小早川秀秋を葬ってから、その法号「瑞雲院殿前黄門秀厳日詮大居士」にちなみ瑞雲寺と改称。小早川秀秋の墓は本堂の中にあり、秀秋の木像も安置しており、これを稲葉塚と呼ぶ。また肥後から勧請した清正公も祀っている。(現地案内板)

Sponsored Link



名称  黄門山 瑞雲寺(ずいうんじ)
所在地  〒700-0811  岡山市北区番町2-6-22
TEL  086-222-9392
宗派  日蓮宗
御本尊 日蓮聖人像
創建  多田頼貞の嫡子能勢太郎左衛門頼仲、暦応年中(1338~1341)、
交通  JR岡山駅より徒歩約15分、

山陽自動車道岡山ICより車で約15分

駐車場  無し

Sponsored Link