楯築遺跡

王墓の丘史跡公園に三地区(楯築地区日畑赤井堂地区王墓山地区)ある遺跡群の内の一つで、径約50mの主墳を中に二つの突出部を備えた弥生時代後期の墓で、現存全長約72mの大きさをもつ。
1976年から1986年まで前後6回に亘る発掘が岡山大学文学部考古学研究室を中心に行われた。
Sponsored Link