岡山県内の観光・旅行・県内へ移住希望の方-ご参考サイト!-岡山再発見の旅-

haguro-shrine-tamashima

羽黒神社参道

羽黒神社参道

御祭神 玉依姫命(たまよりひめのみこと) 素盞鳴尊(すさのおのみこと) 大国主命(おおくにぬしのみこと) 事代主命(ことしろぬしのみこと)(恵比須様)

万治元年(1658)備中松山(高梁)の城主 水谷伊勢守勝隆公が玉島地方干拓を行うに際し、水谷家累世の氏神、出羽国羽黒山の出羽神社(現在の三山神社)の神霊を勧請し奉り、この地に移祀されて当地開墾の成就を祈願せられ氏神土地の守護神として宮柱太しく建てられました。

徳川時代、玉島は瀬戸内第一の商港として繁栄し、玉島に居住する人々はもとより、船によって港に出入りした北海道、北陸を始め四国、九州の商人達が寄進した玉垣に当時の繁栄がしのばれ、実に羽黒神社は玉島発祥の基地と云えます。

二代水谷左京亮勝宗公も先代の志を継いで寛文5年(1665)社殿を改築し毎年社領米九石一斗を寄進し歴代領主も又崇敬篤く社領米を寄進し御祈願所と定められました。
現在の本殿は嘉永3年(1845)幣拝殿は安政4年(1852)に再建されたものです。

御神徳(おかげ)
玉依姫命ー神武天皇の母君、金銀財宝を掌り商売繁盛の神様であり、交通安全の神様
大国主命ー国造りの神、国家繁栄の神、縁結びの神、福徳成就の神様

素盞鳴尊ー国土開発、農業、食物等衣食住を司る神様
事代主命ー又の名を恵比須様と申し商売繁盛の神(現地案内板より)
Sponsored Link



PAGETOP
Copyright © たびおか-旅岡山・吉備の国- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.