井上家住宅

井上家住宅

Sponsored Link



倉敷河畔、重要伝統的建造物群の中でも代表的大型町屋で、最も古くから存在する建物の一つ。
主屋は、江戸時代中期の正徳年間頃(1711~1716)の建築と推測されている。

井上家ー木曽源氏の流れをくむと言われており、かっては備中国宮崎村(現在の早島町)で新田開発に従事していた。

その後文禄年間(1592~1596)に倉敷に移住、寛永19(1642)年には村の年寄役に就任、以後明治初めまで断続的に年寄役を務めている。(平成24年~29年の間は解体保存修理中)

国指定重要文化財 井上家住宅 平成14年5月23日指定、
倉敷市本町1-40