妙本寺番神堂

妙本寺番神堂

妙本寺番神堂

室町時代後期の明応6(1497)年、京都吉田神社の神官で神道長の卜部兼俱が、京都の工匠に命じて建立、寄進したものとの伝承がある。華麗な極彩色の彫刻が施され、桃山時代の特色を持つ優れた建造物である。

Sponsored Link



名称  国指定重要文化財 妙本寺番神堂(みょうほんじばんしんどう) 昭和2年4月25日指定
所在地  〒716-1551 吉備中央町北1501
TEL  0866-55-5012
概要  当堂は和様に唐様を加味した建築で、各種の絵彫刻等は、明らかに桃山時代の様式を
あらわしている。

番神堂としては、全国的に古く美しいとの評価を受け、昭和2年国の重要文化財に指定された。

建立は明応6年といわれ、京都吉田神社の神官で且つ神道長上である卜部兼俱から、日蓮宗の
寺院が「三十番神を勧請する事は宗義に反するではないか」という詰問状を送って来たのに
対し、当時六代目住職日具僧正の回答が条理直正文意絶妙だったので、卜部兼俱が嘆伏し賀礼
を送り、京都の工匠に命じてこの番神堂を建立、妙本寺に寄進したといわれる。

昭和61年7月1日 賀陽町(現吉備中央町)教育委員会(現地案内板)

交通  JR伯備線豪渓駅より車約30分、または大和方面行きバス30分、妙本寺下車徒歩約5分、

岡山自動車道賀陽ICより車約10分

駐車場  普通車50台、バス5台

Sponsored Link



Follow me!

前の記事

妙本寺

次の記事

妙本寺本堂