岡山県の北東部、兵庫県に接する作東町は、岡山三大河川の一つ吉井川の源流となる吉野川に沿って開けた、谷あいの静かな山村。小房地区は作東町の最北端に位置し、豊かな四季の自然と昔ながらの茅葺きの家が残る、のどかな山里。

Sponsored Link



名称  ふるさと交流館谷本屋・能登香の家ー能登香の里小房ー
所在地  美作市小房448、

美作市小房4925-1

TEL  0868-76-0855 小房和田営農組合、

080-5622-1980

宿泊施設の概要  谷本屋ー4室、1棟12人、

能登香の家ー13室、1棟50人、

ログハウスー2室12人用、1棟12人、

コテージー6人用、2棟12人、

テントサイト有、

池周辺の美しい自然の中に、農村ならではの心のふれあいがある。

池には鯉が泳ぎ、あひるが遊び、大地の息吹が、森林の涼風がささやき掛ける。

オリジナル和紙づくり工場、散策道、菖蒲園、釣り場、キャンプ場、
宿泊施設等楽しさいっぱい。

ここには、神秘的な美しさをもった池を中心に、炭焼き小屋や水車小屋、
紙すき施設、宿泊施設などが整備された「能登香の里」があり、
毎年多くのリゾート客でにぎわっている。

収容人員  86人 *テントサイトを除く
付帯施設  冷蔵庫、電話、囲炉裏、トイレ、バス、シャワー
体験活動  農作業体験、流しそうめん、森林浴、押し花・山の幸染め、和紙作り等
宿泊料金  大人3,150円、小人2,100円(税込)、

休憩(3時間以内)ー大人525円、上人315円

食事料金  ー
交通  JR姫新線美作江見駅より車で約15分、

中国自動車道作東ICより車で約10分

駐車場  普通車50台、バス20台
URL  ふるさと交流館谷本屋・能登香の家ー能登香の里小房ー