龍徳院

龍徳院

成羽城主山崎氏の菩提寺として成羽に作られたが、山崎氏が天草に移封する時に、従わなかった家臣たちが移築した。寺の名は、山崎家治公の祖父堅家の法名龍徳院を執っている。

Sponsored Link



名称 瑞慶山 龍徳院
所在地 〒716-0019 高梁市寺町2206
TEL 0866-22-3562
宗派 曹洞宗
御本尊 釈迦如来
概要 上記
祭神 臥牛天神社・毘沙門天・弁財尊天・大黒尊天・子育地蔵大菩薩・日限地蔵大菩薩
臥牛天神社 臥牛天神社は、もと臥牛山天神の丸(標高480m)にあり、城の鎮守として歴代城主
から厚く崇敬されていた。

武士の子弟が15歳を迎えて元服すると、旧暦2月25日の春祭りには必ず参詣して武運
の長久と学問の成就を祈った。

廃藩後は、由緒ある社殿も荒れ果て倒壊したため、ご神体を預っていた、御山城相畑
(ごさんじょうあいはた)の小野家が下山に際して龍徳院に頼み、一隅に祀られる
ようになった。

平成6年、龍徳院檀家一同が中心になり、広く市民にも呼びかけて浄財を集め、
天神の丸鎮座時代にふさわしい立派な社殿を新築して再興し、今日に至っている。

御神体、

銅板に彫刻した波乗り天神、併せて天神の丸社殿にかかっていた龍の欄間を奉納して
いる。(現地案内板)

交通 JR伯備線備中高梁駅より徒歩約15分、

岡山自動車道賀陽ICより車で約20分

駐車場  ー

Sponsored Link