下津井町並み保存地区

下津井町並み保存地区

下津井節で知られる下津井は、瀬戸内海に面した古い港町で、特に江戸時代中期以降北前船や内海航路の風待ち潮待ちの港として賑わった。今でも「むかし下津井回船問屋」など当時を偲ぶ建物が残っている。

Sponsored Link



名称 下津井ー町並み保存地区ー
所在地  倉敷市下津井
TEL  086-426-3851 倉敷市教育委員会文化財保全課
概要  下津井は瀬戸内海国立公園鷲羽山の麓にある風光明媚な古い港町で、特に江戸時代
中期以降、内海航路の船や北前船の寄港地として大いに賑わった。

通りを歩くと漆喰壁やなまこ壁に虫籠窓や格子窓の商家やニシン倉等が残され当時の
繁栄の跡が偲ばれる。

見所  回船問屋の建物を当時に近い形で復元した「むかし下津井回船問屋」などがある。

古い港町から見る瀬戸大橋の雄姿も印象的。

交通  JR瀬戸大橋線児島駅より下津井行バス約10分、下津井漁港前下車徒歩1分、

瀬戸中央自動車道児島ICより車約5分

駐車場  普通車15台(むかし下津井回船問屋)

Sponsored Link