松連寺

松連寺

本堂の右側にある観音堂の格天井は、文禄の役時に総大将宇喜多秀家の御座船に使用されていたもので、船戸2枚とともに岡山県指定重要文化財に指定させている。境内には清水比庵(ひあん)の歌碑がある。

Sponsored Link



名称  備中西国三十三所観音霊場 第3番 松連寺(しょうれんじ)
所在地  高梁市上谷町4102
TEL  0866-22-3042
宗派  真言宗御室派(仁和寺の中本寺)
御本尊 大日如来
観音の種類 十一面観音
概要 現在の寺は明暦3(1657)年市内奥万田より備中松山藩主水谷伊勢守勝隆公により移築
されたものである。武家諸法度で城の新築は禁止され修理も難しい時代に、松山城の砦として築いたことは
城郭づくりそのままの石垣がよく物語っている。(現地案内板)
重要文化財  岡山県指定重要文化財 松連寺本堂天井と船戸 昭和34年3月27日指定、

秀吉が朝鮮出兵をした文禄の役(1592年~1593年)時、総大将宇喜多秀家の軍船で
ある日本丸(安宅型)の御座所に用いられていた格天井(ごうてんじょう)と船戸2枚
が現存する(本堂の右観音堂内)。

交通  JR伯備線備中高梁駅より徒歩約10分、

岡山自動車道賀陽ICより車約15分

駐車場  無し

Sponsored Link