街角ミュゼ牛窓文化館

街角ミュゼ牛窓文化館

大正4年旧牛窓銀行本店として建築。基礎に花崗岩を、ドイツ製赤煉瓦の外壁、漆喰白モルタルの内壁を配し、草花連続模様の天井で仕上げてある。20世紀初頭における銀行の格式をよく維持し、この種の建築としては、全国でも珍しい存在となっている。昭和55年、これを継承していた中国銀行が店舗移転を機に、その遺構保存を牛窓町へ依頼、譲渡したもの。

Sponsored Link



街角ミュゼ牛窓文化館

街角ミュゼ牛窓文化館

名称  街角ミュゼ牛窓文化館ー旧中国銀行牛窓支店ー
所在地  〒701-4302 瀬戸内市牛窓町牛窓2835-1
TEL  0869-34-5250
文化財  国指定登録有形文化財(建造物)旧中国銀行牛窓支店 平成9年5月7日指定
概要  街角ミュゼ牛窓文化館は、旧牛窓銀行本店として大正4(1915)年に建てられました。

旧牛窓銀行は、明治10(1877)年に恐慌に備えて予備金を集めた牛窓町民有志の集
まりが発展し、明治16(1883)年に株式会社集整社となり貸し金事業を立ち上げ、
明治26(1893)年に銀行条例に準じて改称してできた銀行です。

その後、館の所有者が数度変りますが、昭和55(1980)年までの65年間銀行として
活用されました。

館の外観は、壁を煉瓦質タイルで覆い、基礎に重厚な花崗岩を配し、軒を蛇腹で仕上げ、
窓には銀行時代を偲ばせる外部からの進入を防ぐため鉄の鎧戸がついています。

館の中は、吹き抜けになっており開放的で、天井には草花の連続模様が施されています。

壁は漆喰で、下部には腰板、上部には蛇腹が廻ります。

また上の窓を開放するため幅のせまい通路、:キャットウォークが設けられています。      (現地案内板より)

料金  無料
開館時間  9:00~17:00
休館日  ー
交通  JR赤穂線邑久駅より車20分、または牛窓行バス終点下車、徒歩約5分、

岡山ブルーライン邑久ICより車15分、

駐車場  無し、牛窓港周辺に短時間駐車可能な駐車場が有り