鷹ノ巣城跡

鷹ノ巣城跡

羽柴秀吉の備中高松城水攻めに対して、小早川隆景が陣を構えたと言われる鷹ノ巣城跡からの眺望は本当に素晴らしい。備中高松城水攻め関係地全域は勿論、吉備の国の中心部とされる吉備の中山から総社方面にかけての吉備路全体を眺めるのにも最適。

Sponsored Link



吉備路東部パノラマ

吉備路東部パノラマ

名称  鷹ノ巣城跡
所在地  岡山市・倉敷市・総社市市境
TEL  ー
概要  鷹ノ巣城跡は、羽柴秀吉の備中高松城水攻めの際、小早川隆景が陣を構えた所と言われる。

城主や築城年代などは調べていないが、ここからの吉備路の眺めは素晴しく、吉備路を
知るには是非とも訪れたい所。

鷹ノ巣城跡からは吉備路全体、左側、西方から右側、東方にかけて雪舟の修行した宝福寺
や備中国分寺付近から、鬼ノ城、雪舟誕生の地、造山古墳、矢喰宮、足守陣屋跡
高松最上稲荷とその奥之院一乗寺のある竜王山、吉備津神社・吉備津彦命の墓と言われる
茶臼山古墳のある吉備の中山、さらに右方向には楯築遺跡・王墓山古墳・日畑廃寺のある
王墓の丘史跡公園など吉備地方の歴史を考える上では欠かすことのできない地域全体を
一望の下に見渡すことができる。

交通 岡山自動車道岡山総社ICより車約20分で日差山毘沙門天
駐車場  日差山毘沙門天(日差山寺)の駐車場に3台程可能(鷹巣城跡までは約800m、徒歩で20分程)
吉備路中部パノラマ

吉備路中部パノラマ