高瀬川ダム

高瀬川ダム

新見市神郷北部、高梁川系西川支流の高瀬川に設けられた自然調節方式の重力式コンクリートダム。洪水調節、流水を正常に維持し、下流域への安定的な水の供給と河川環境の維持、上水道の供給を目的としている。

Sponsored Link



名称  高瀬川ダム
所在地  〒719-2801 新見市神郷町釜村
TEL  ー
概要  河川ー高梁川水系西川支川高瀬川、

ダム形式ー重力式コンクリートダム、

堤高・堤頂長ー67m・273.6m、堤体積ー188,000㎥、

流域面積/湛水面積ー21.6㎢/28.0ha、

総貯水容量/有効貯水容量ー4,530,000㎥/4,080,000㎥、

許可出力ー280kw、

着工年/竣工年ー1976年/1982年、

ダムのすぐ上には、ダム建設に併せてグリーンミュージアム神郷高瀬が作られ、
神郷温泉、宿泊・研修施設「グリーンミュージアム神郷」、野外活動センター、
オートキャンプ場などが設けられている。

交通  中国自動車道新見ICより車で約40分
駐車場  有り