雲州候本陣

雲州候本陣

雲州候本陣は、明治時代後期に建てられたものであるが、脇本陣木代邸(江戸時代末期の建築)と共に新庄町並み保存地区のほぼ中央に位置し、町並みの景観造りに大きな役割を果している。

Sponsored Link



名称  雲州候本陣ー新庄町並み保存地区ー
所在地  真庭郡新庄村
TEL  0867-56-3181 真庭商工会新庄支所、0867-56-2628 新庄村産業建設課
概要  寛永12年(1635年)に参勤交代制がきまり、出雲街道をいつも通っていたのは、
松江藩松平であった。

元禄2年(1689年)の文書によると、この街並みに御茶屋一軒あり、松平出羽守が
通行の折りには、毎年昼休みをされたという。

佐藤家が松平指定の「御茶屋」になったのは、寛文6年(1666年)であり、その後
の宝暦7年(1757年)に「本陣」役の請負ができた。

この頃から松平藩は、昼休みだけでなく宿泊もするようになったのである。

 本陣、

門 玄関  書院造り 上段の間、

世襲     主人は苗字帯刀、

連絡と受人、

先触 (1回目)50日以上前、

請書      間取り図付けた請書、

先触 (2回目)2日程前、

下宿割     宿役人が人数割、

当日      定紋付幕 関札 提灯台 (現地案内板)

交通  JR姫新線中国勝山駅より新庄行バス40分、新庄上下車、

米子自動車道蒜山ICより車約25分、

米子自動車道久世ICより車約40分

駐車場  普通車45台、大型車5台ーメルヘンの里新庄
(がいせん通りには駐車不可)