岡山県内の観光・旅行・県内へ移住希望の方-ご参考サイト!-岡山再発見の旅-

赤磐市吉井地区

susai-plains-panorama赤磐市役所吉井支所 TEL 08695-4-1111 〒701-2595 赤磐市周匝136

赤磐市の北部に位置し、北端で北から流下してきた吉野川と西からの吉井川が合流、町の東部を沖積平野を作りながら南下し、町の中央を国道374号線が川に並行して通っている。

Google Mapー赤磐市観光案内地図ー

Sponsored Link



西部に向かっては、標高200m~400mの丘陵地を形成し次第に高くなっており、この丘陵地ではぶどうの栽培が盛んである。
また、この丘陵地の南部には、吉井竜天キャンプ場竜天天文台が設けられている。

この地方一帯は、かっては名刀長船の原料となった鉄の産地で、平城宮から出土した木簡に、天平17(745)年、周匝(すさい)郷から“調鍬十口”が献納されたことが記されている。

また、町の北部周匝地区では西からの吉井川と北からの吉野川が合流しているため、戦国、江戸時代を通じて、備前、美作両国間を往来する高瀬舟の中継地としても大いに賑わった。

吉井川が吉野川と合流する地点の南西側高台には戦国時代の山城跡があり、周匝平野と周辺丘陵地を望むには最適の展望場所である。南部、赤坂地区との境界付近の丘陵には、岡山農業公園ドイツの森クローネンベルクがある。

主な見所

吉井竜天天文台吉井竜天オートキャンプ場赤磐市竜天天文台公園ドイツの森吉井城山公園

周匝平野ー周匝茶臼山城跡よりー

周匝平野

周匝茶臼山城跡

天神山城主浦上氏配下にあった佐々部氏の茶臼山城跡に作ったもの。周匝は、江戸時代、岡山藩池田氏一族の陣屋町で吉井川と吉野川の合流地点にある。展望台からは、北に吉野川上流部、南に周匝平野が眺められる。

吉井竜天オートキャンプ場ーキャンプ風景ー

吉井竜天オートキャンプ場

吉井竜天オートキャンプ場

赤磐市の高台(460m)にあり、360度の展望が開ける。見通しの良い日には北は大山、南に瀬戸内海が一望できる。近くには、竜天天文台があり星空観測も可能。非常に良く整備されたキャンプ場で県外からのキャンパーも多い。

赤磐市竜天天文台公園ーテントサイトー

竜天天文台公園

赤磐市竜天天文台公園

吉井竜天オートキャンプ場の近くの竜天天文台公園にあるキャンプ場。標高約500mの天文台からは、小豆島や中国山地を見渡すことが出来、予約しておけば、口径400㎜の望遠鏡で、スタッフの案内による天体観測も可能。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © たびおか-旅岡山・吉備の国- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.