岡山県内の観光地・旅行・案内・県内へ移住希望の方-ご参考サイト!-岡山再発見の旅-
  • 瀬戸内海 from 八丈岩

Sponsored Link



岡山再発見の旅

このサイトは、岡山大好きな私が岡山再発見の旅をしながらの記録です。
岡山の観光やぶらり旅に、また地方移住検討の為に訪問する方々のご参考にもなるのでは?その地を良く知る為には?ーキャンプの旅も一法ー

GoogleMapー岡山県の主要観光地案内地図ー、Google Mapー岡山県内宿泊施設案内地図ー

岡山県は、瀬戸内地方の中央に位置、南北を四国・中国山地に挟まれ、東西は紀伊半島・九州の山々に守られている。その為「晴れの国おかやま」で代表される様に雨や台風・積雪も少なく温暖な気候で果物をはじめ新鮮な農水産物にも恵まれています。

地中海に面した南仏プロヴァンスコート・ダジュール地方に似た気候として知られています。

また、高梁川、旭川、吉井川の三大河川が県内を均衡よく流れ、活断層も少なく、南部干拓地を除くと地盤も固く地震に強いと言われる地域が多い。このようなことから古くは大和政権にも匹敵する強国、吉備の国として栄えました。

しかし、余りにも強大だった為、それを恐れた時の為政者により、備前―岡山県南東部―、備中―岡山県西部―、備後―広島県東部―、美作―岡山県北部―の四つに分断されてしまいました。

分断後も先人達は広大な干拓地「岡山平野」を造成、「備前焼」、「もも」や「マスカット」、「名刀長船」、「ジーンズ」、「大原美術館」、「水島臨海工業地帯」「岡山リサーチパーク」など数々の素晴しい特産物や文化・産業を育ててきました。

岡山県の発展には、地理的条件からくる温暖な気象で、交通の要衝となっていることに加え先人達の努力が大きく関わっていると思います。

現在もこの恵まれた気象や地理的条件を生かして、大規模な太陽光発電、流通機能の充実、航空関連産業、情報関連産業などの誘致や建設が進んでいます。

このサイトでは、県内の旅をしながら、そのような岡山発展の謎解きもしていきたいと思っています。

岡山県南部鬼ノ城山からの眺めに代表されるように、吉備高原の南端から笠岡諸島日生諸島などの浮かぶ瀬戸内海に向かって開けたなだらかな丘陵地とそれを取り囲む沖積平野―高梁川、旭川、吉井川の三大河川により形成ーに加え、さらに南にはこれら河川から流出した土砂で浅くなっていく吉備の穴海を中世末以降に干拓・造成してできた穀倉地帯、岡山平野が広がっている。

その岡山平野の中には、岡山・倉敷など、古代には沿岸部であったが、干拓により内陸部になり、干拓の進行や時代の流れで次第に南に移動した山陽道に沿い東西に延びる市街地が形成され、岡山後楽園岡山城倉敷美観地区吉備路宿場町矢掛などの歴史的遺産や風景が残されている。

岡山県北部南から岡山県中央南部―吉備高原と呼ばれる、海抜300-600mの平坦でなだらかな高原(かっての隆起準平原)が岡山県内面積の半分以上に渡って広がり、その中を旭川・高梁川・吉井川が深い谷を刻み込んで流れている。

県内ドライブで興味深いのは、新見市南東部の草間台地に代表される、河川侵食で出来た渓谷や盆地から両側に切り立った崖のつづら折れの急坂を登った先では、耕作された緩やかな斜面に民家が点在し、雑木林や松林の穏やかな丘が見えるという平野部と大きく違わない風景が展開しており、標高の高い山の上にいることは全く感じないことである。

県開発の吉備高原都市は、このような高原の上に造られた都市で岡山県内の半分以上を占める吉備高原の活用策の試みの一つとされている。

岡山県北端鳥取県との県境部―日本アルプスに見られるような高く急峻な山並みとは違って鳥取県側の大山を除けば岡山県立森林公園に代表されるように海抜1,000―1,300mのたおやかな山並み(準平原)が東西に連なっている。

この地形の変化がよく分かる所としては、高梁市川上町の西端にある雲海でも知られた弥高山(海抜654m)がある。

晴れた日には頂上から吉備高原はもちろん、北は鳥取県の大山をはじめとする中国山地、南は瀬戸内海の島々、さらに四国の山並みまで眺望できる。

参考資料―「岡山の自然」 第2版 岡山県自然保護課(平成5年3月)

Sponsored Link



旅日記

足高公園ー足高山ー

倉敷笹沖の国道2号線沿いにある小高い丘。かっては吉備の穴海に浮かぶ小島でその頃から山上には足高神社が祀られていた。神社の両脇に自由広場や遊戯広場が設けられており山上一帯には約300本のソメイヨシノやオオシマザクラなどが植えられ桜の名所としても知られている。

向山ー足高山よりー

足高神社ー帆下げの宮ー

国道2号線沿い、倉敷市笹沖の小高い丘の上にある神社。室町時代までは吉備の穴海に浮かぶ小島で周囲に葦が茂っていたことから「葦高神社」と呼ばれていた。この付近は東西航路の要衝であったが潮流の動きが激しく通る船はすべて帆を下げて山の神に敬意を表し危難を逸れた為帆下げの宮とも呼ばれていた。

足高神社 参道

城山稲荷神社ー倉敷城跡ー

この付近は、戦国時代まで小野城という砦があった所。この城山稲荷神社は、明応2年(1493)に当時の城主小野好信が伏見稲荷を勧請して祠ったのが始まりで、元和5年(1619)になって城山稲荷大明神と命名され、江戸時代を通じて霊験あらたかな神としてこの地の人々の信仰を集めた。

城山稲荷神社

アイビースクエア フローラルコート

大正時代の建物を改造した、貸切気分で利用できる広々とした空間を有する趣きのある多目的ホール。パーティや展示会、発表会、ディナーショー、会議など多目的に使用可能。

武野屋ートラットリア自家製蕎麦ー

倉敷美観地区入口から徒歩3分ほどの、広い屋敷内にある和風レストランで自家製の和蕎麦をトラットリアスタイルで楽しめる店。同じ敷地内には隣接して和風料理店もあり。

武野屋
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © たびおか-旅岡山・吉備の国- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.