岡山県内の観光・旅行・県内へ移住希望の方-ご参考サイト!-岡山再発見の旅-
  • 瀬戸内海 from 八丈岩

Sponsored Link



岡山再発見の旅

このサイトは、岡山大好きな私が岡山再発見の旅をしながらの記録です。
岡山を観光やぶらり旅に、またそんなに良い所なら移住を検討しようかと思って訪れる方々のご参考になれば幸いです。その地を良く知るには?ーキャンプの旅も一法ー

岡山県は、瀬戸内地方の中央に位置し、南北を四国山地と中国山地に挟まれ、東西は九州の山々や紀伊半島の山々で遮られている為、「晴れの国おかやま」で代表されるように台風や積雪、雨も少なく気候も温暖で果物をはじめ新鮮な農水産物にも恵まれています。

瀬戸内地方の気候の穏やかさは、天気予報で瀬戸内海の波の高さが通常時で、0.5mと太平洋や日本海の通常時の1.5m~2mに比べて格段に低く予報されているとからも容易に理解できます。
地中海に面したフランス南部プロヴァンスコート・ダジュール地方に似た気候としても知られています。

また、県内には、高梁川、旭川、吉井川の三大河川が均衡よく流れ、大きな活断層もなく、南部の干拓地を除くと地盤も固く地震に強いと言われている地域が多くあります。

このようなことから、古くは吉備の国として大和政権にも匹敵する強い国として栄えましたが、余りにも強大であったため、それを恐れた時の為政者により、「備前」(岡山県南東部)、「備中」(岡山県西部)、「備後」(広島県東部)、「美作」(岡山県北部)の四つに分断されたと言われています。

岡山県は、その後も先人たちの努力で広大な干拓地「岡山平野」、「備前焼」、「もも」や「マスカット」、「ももたろうぶどう」、「名刀長船」、「ジーンズ」、「帆布」、「大原美術館」、「水島臨海工業地帯」など数々の素晴しい特産物や文化・産業も育ってきました。

岡山県発展の基礎は、先人たちの努力は勿論、その気象、地理的な条件と位置的にも東西南北の交通の要衝であるという理由も大きく関わっているのではないでしょうか?

このサイトでは、旅をしながら、そのような岡山発展の謎解きもしていきたいと思っております。

Sponsored Link



旅日記

大山ますみず高原天空リフト

大山桝水高原のスキーリフトをオフシーズンの4月中旬から11月中旬の期間、標高900m(標高差140m)の展望台(2006年に恋人の聖地に指定)まで運行しており、約8分の間の空中散歩を楽しむことができる。この展望台からは、弓ヶ浜や中海、日本海は勿論、気象条件が整えば遥か隠岐島まで望むことができる。

天空リフト

桝水

大山環状道路が桝水高原を横切る道路脇に、年中水量が桝で計ったように変わらぬ水量だったため、元禄時代あるいはそれ以前の昔から村人たちが桝水と呼んでいた小さな水溜りがある。この水溜りの脇には、この付近一帯が桝水高原と呼ばれるようになった経緯が書かれた案内板が立てられている。

桝水

大山隠岐国立公園桝水高原

蒜山高原から、大山・蒜山道路を鬼面台、鏡ヶ成、鍵掛峠、ぶな林、三の沢、二の沢、一の沢を通り、最後のぶな林を抜けると、広大な大山の裾野と日本海が美しい桝水高原にたどり着く。ここは、大山の登山口の一つであるとともに、スキー場、天空リフト、レストハウスなども点在する、リゾートゾーンである。

桝水高原

三輪平太の墓と清浄泉

大山寺本殿は、文化2(1805)年に再建されたが、その本殿建立にかかわった宮大工の墓が、桝水高原から大山寺へ行く大山環状道路の右側、横手橋の手前に数体の地蔵尊と共にひっそりと建っている。そして、その墓のすぐ脇には「清浄泉」と呼ばれる湧水があり、横手道を歩く登山者ののどを潤している。

三輪平太の墓と清浄泉

大山隠岐国立公園大山寺地区

大山寺地区は大山登山の玄関口、又信仰の山大山の歴史や自然を知るに最適の所。博労座跡には広い駐車場や大山情報館、大山自然歴史館が。大神山神社奥宮まで続く石畳の参道沿いやブナの園地、佐陀川河原には山岳信仰が盛んであったことを物語る地蔵尊、金門、僧兵荒行の岩等様々の史跡が残っている。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © たびおか-旅岡山・吉備の国- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.