kibiji-area-from-kinojo-castle-11

吉備路エリア

鬼ノ城山より見た吉備路方面。⇒拡大すると
写真の左方向こうに張り出して見える丘陵が、古代吉備王国の中心と言われている吉備の中山。この吉備の中山の山頂付近には、吉備津彦の命の墓と言われている、中山茶臼山古墳があり、それを祀るように、山裾に吉備津神社吉備津彦神社が建てられている。

写真の正面中央付近に横たわる高い山並みの手前に低い丘陵が横方向に連なっているが、この丘陵の左部分には、造山古墳が、また丘陵の右方部分上に、備中国分尼寺跡こうもり塚古墳、五重塔の美しい備中国分寺などが点在している。

これらの優れた自然景観と歴史的景観を有する丘陵群は、文化財保護上必要な地域として吉備路風土記の丘県立自然公園に指定されている。

最右端に一部分が見える丘陵は作山古墳

吉備路と呼ばれるエリアは、ここから更に西に延びて井山宝福寺、倉敷市真備町方面(このサイトでは、吉備路エリアには含めないで、倉敷市真備地区に入れている)にまで広がっている。