吉備路風土記の丘

吉備路風土記の丘

Sponsored Link



備路風土記の丘岡山県立自然公園 拡大すると
歴史的景観とそれを含めた自然景観の優れた地区を中心として、文化財保護上必要な地域が風土記の丘に指定されたもので、造山古墳作山古墳こうもり塚古墳備中国分寺跡備中国分尼寺跡など、貴重な文化財が数多くある。

なかでも備中国分寺は、なだらかな松林を背景にした田園風景の中に、五重塔と共にいにしえの姿をそのままとどめており、吉備路のシンボルとなっている。

地区:岡山市・総社市、面積:888ha 指定年月日:昭和47年1月11日、

区域:(岡山市)新庄上 新庄下 (総社市)赤浜 下林 上林 三須 (旧山手村)宿 岡谷 地頭片山 西郡 (岡山県観光便覧より)(写真は塔見の茶屋北の吉備路サイクリング道路付近より)