梶並神社

梶並神社

この神社は古くは武男山(たけおやま)の山頂にあって、水神を祀り香美郷(かがみのさと)の総鎮守であった。社伝によれば、979年に宇佐八幡宮の分霊を祀り、平安末期に京都清水八幡宮を勧請して、梶並八幡宮と号するようになったといわれている。

Sponsored Link



名称  梶並神社(かじなみじんじゃ)
所在地  美作市梶並121
TEL  0868-77-1111 美作市勝田総合支所
特色  郷土自然保護地域 昭和60年3月19日指定、

4.12ha、

社殿を取り囲む樹林は、参道付近ではスギ、ケヤキの大木が林立し、神社林としての
厳かな景観をなしている。

背後にはシラカシ、ウラジロカシ、ヤブニッケイ、ヒサカキ、シラキなどの広葉樹を
中心に樹種も多く、林床にはチトセカズラ、トキワイカリソウなども見られ、自然度
の高い社叢を形成している。(現地案内板)

文化財  岡山県指定無形民俗文化財、

梶並神社の当人祭(とうにんさい)昭和39年1月16日指定、

氏子の中から習慣により選ばれた「お当人様」が、祭り当日、供人、笛太鼓、鉄砲を従え
神前供物を整え行列を組んで御神霊を境内に奉還する。

その時「お当人様」は沿道や境内に土下座して待ち受ける信者の背中をまたいで通る。
またがれた人は、その年は無病息災といわれている。

期日ー10月第1土曜日、

交通  中国自動車道美作ICより約30分、

智頭急行智頭線大原駅から車約40分

駐車場  ー

Sponsored Link