岡山県内の観光地・旅行・案内・県内へ移住希望の方-ご参考サイト!-岡山再発見の旅-
旅日記

町並み保存地区

町並み保存とは、岡山県内で例えると倉敷美観地区、吹屋、勝山や新庄に見られるように、伝統的な建築等が残る町並みを保存することによって、その町ならではの個性や魅力を再生させ、あわせて住民の生活環境を整備することをいう。
江戸時代に町の骨格が形成され、幕末から明治・大正時代に建てられた建築がある程度残っている町並みを「歴史的町並み」といい、保存の方法には町並み保存地区を指定する、国の伝統的建造物保存地区によるもの、県や市の景観条例などによるものがあるほか、町並み保存会を結成してや町並み保存運動を展開するなどがある。(フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)を参考)

PAGETOP
Copyright © たびおか-旅岡山・吉備の国- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.