桝水

桝水

いつのころからか知る由もないが、この地に小さな水溜りが出来た。年中水量が、桝で計ったように変らぬので、村人たちは桝水と呼んでいた。

元禄9年の春、大山寺に伺候した村人は、この水が涸れているのを知り不吉の兆しとして心を痛めたが、その年から凶作相継ぎ、餓死者は73人に及んだ、と伝えられている。

享保17年、作州の行者宗真は、この水溜りを桝形にしつらえ、地蔵菩薩を刻んで四十八隔夜念仏を修行し、村人たちは桝で造った杓で水を献じて、慈悲の祈りをこめた。

それ以来、この地と村落をつなぐ、約一里に延びる二百余町歩の原野も桝水原と呼ぶようになった。

Sponsored Link



名称  桝水
所在地  〒689-4214 鳥取県西伯郡伯耆町桝水高原
TEL  ー
交通  米子自動車道溝口ICより約10分、

JR伯備線伯耆溝口駅よりデマンドバス、スキーシーズン中はシャトルバス運行も有り

駐車場  普通車230台(無料)