本堂ー長尾山神護寺ー

本堂

神護寺の本堂は笠岡市内最古の建造物で、桁行三間、梁間三間、向拝一間付き、屋根は寄棟造本瓦葺。棟木墨書から永禄11(1568)年に、大工藤原乗久によって建築されたことが分かる。境内には笠岡市の文化財に指定された庭園がある。

Sponsored Link



名称  岡山県指定重要文化財 神護寺本堂(じんごじほんどう)平成13年3月23日指定
所在地  笠岡市甲弩816
TEL  0865-65-0451
宗派 真言宗大覚寺派
開基 行儀菩薩
本尊 阿弥陀如来
概要  神護寺はもと神宮寺と呼ばれ、甲怒(弩)神社の別当寺として創建されたと考えられるが、
その時期は明らかでない。

室町時代にはこの地方の領主小田氏の帰依を得ていて、現本堂が永禄11(1568)年10月に、
小田高清を大檀那として建立されたことを証する銘文が棟木に墨書されている。

また寺内に、天正3(1575)年8月18日死去した高清の位牌が祀られている。

戒名は孚臺院殿良玄秀郭拗居士、

本堂には棟札二枚があり、その一枚は天正15(1587)年10月に、高清の子元家らが本堂の
屋根を瓦葺きにしたこと、他の一枚は文化3(1806)年4月に、甲弩村の村中を施主として
屋根替えを行ったことを記録している。

このほか、右の天正15年の瓦葺きのとき用いたと思える古瓦4枚が残されており、いずれも
天正14(1586)年2月に宮内(吉備津神社門前町)の瓦大工五郎左衛門が焼いたと思える
銘がある。

この本堂は市内最古の建造物である。笠岡市教育委員会(現地案内板)

交通  山陽自動車道笠岡ICより車で約20分
駐車場  有り

Sponsored Link