六地蔵尊ー津山市阿波ー

六地蔵尊

津山市阿波の集落の一番奥付近にある藁葺屋根の民家の前、阿波川の岸に祀られている。豪雨が続くと阿波川が氾濫し水害を被ることもしばしばであった。出水に見舞われた共同墓地などから集めたものらしい。

Sponsored Link



名称  六地蔵尊ー阿波ー
所在地  津山市阿波
TEL  0868-32-7043 津山市阿波支所産業建設課
概要  六地蔵尊信仰は、平安時代から始まったと言われ、六道ー地獄・餓鬼・畜生・
修羅・人・天ーの衆生を済度するという思想から、六尊の立蔵を半肉彫したもの。

六体それぞれ異なる持物印相をあらわしている。地持地蔵(護讃地蔵)両手で念珠をもつ。

陀羅尼地蔵(弁尼地蔵)右手施無畏印・左手引摂印。

宝性地蔵(破勝地蔵)合掌。

鶏亀地蔵(延命地蔵)右手錫杖・左手如意珠。

法性地蔵(木休息地蔵)両手で柄香を持つ。

法印地蔵(讃竜地蔵)両手で幢幡を持つ。(現地案内板参考)

交通  JR因美線美作河井駅より阿波行バス10分、役所前下車徒歩10分、

中国自動車道津山ICより車約40分

駐車場  無し