盛隆寺仁王門

盛隆寺仁王門

現在のものは宝暦12(1761)年日領上人の代に改築されたものである。なお、仁王像は日蓮宗にはないもので、これは、この寺が真言宗であった当事のものである。

 

Sponsored Link



名称  啓運山盛隆寺仁王門
所在地  〒701-0205 岡山市南区妹尾1751
TEL  086-282-4367
概要 仁王尊は、力が強く、勇気があり、外敵を払って仏教を守護するもので、向って
右の像を「密迹金剛(みっしゃくこんごう)」向って左を「那羅延金剛
(ならえんこんごう)」と称している。

密迹金剛は、口を開いて「ア」と発声し、万物の表を意味し、那羅延金剛は口を
閉じて「ウン」の形をあらわし、万物の裏を意味し、一切の言語の発声は、
この二音に帰することから、「アウン」とは相対する二つのものの意味である。

万物はすべて表裏あり、これを見ぬいて仏を保護し、仏を信じない者は山門を
入るを許さず、門前で追い払うものだと言われている。(現地案内板)

交通  JR瀬戸大橋線妹尾駅より徒歩約7分、

早島ICより車で約15分

駐車場  ー