間所たたら製鉄遺跡

間所たたら製鉄遺跡

岡山の県北では砂鉄が多く産出したたら製鉄が盛んであった。ここ美甘地区もその一つで村の名を鉄山(かねやま)村と呼び、江戸時代、村内にはたたら製鉄をしていた所が48ヶ所も有ったと言われている。

Sponsored Link



名称  間所たたら製鉄遺跡
所在地  〒717-0101 真庭市鉄山
TEL
概要  古くからたたら製鉄関係場所を鉄山(かねやま)といっていたようですが、この
地方は、この名を村の名「鉄山村」にするほどタタラ製鉄が盛んに行われていた
地域で、江戸時代には鉄山に四八タタラ有ったと言われています。

ここはその一つで、明治の始めまで山田又三郎氏がタタラ製鉄をしていた跡で、左
のような絵図が残っています。

高殿跡と推定される部分は、一辺が約17メートルの方形で、高殿の高さは三階建て
の家位だったようです。ここの地形と絵図を照合してみてください。

それから、ここから東側へ約100メートル行った山麓には、他国からきてタタラ製鉄
に一生を尽くし、故郷に帰ることもなくこの地に埋まった人達の、天明から明治まで
の刻銘の墓石が18基程も有って、それらの人々の人生の無情が偲ばれます。(現地案内板)

交通  JR姫新線中国勝山駅より車約30分、

米子自動車道湯原ICより車約20分

駐車場  無し