高瀬舟

高瀬舟

高梁市観光駐車場の横に展示してある高瀬舟。高瀬舟は、江戸時代から大正時代にかけて、岡山県の三大河川(高梁川・旭川・吉井川)での水運による南北交通の主役として活躍した。

Sponsored Link



名称  高瀬舟
所在地  〒716-0022 高梁市下町147 高梁市観光駐車場
TEL  0866-22-0233
概要  高梁川では、備中松山藩主水谷(みずのや)氏の時代に高梁川河口西岸の大規模な干拓
にともない、玉島港が整備され、高瀬通しといった運河も築いて、これと連携する形で
発達した。

江戸時代末期、板倉氏の時代には、山田方谷(1805~1872)が藩政改革を進める上で、
高瀬舟が欠かせない物資輸送手段で、昭和3(1928)年に伯備線の全線開通までこの地域
の発展に貢献してきた。(現地案内板を参考に記述)

交通  JR伯備線備中高梁駅より徒歩約15分、または車で約5分、

岡山自動車道賀陽IC、または有漢ICより車約15分

駐車場  普通車15台、バスも可能(高梁市観光駐車場)