食堂「かめっち」

食堂「かめっち」

美咲町出身の岸田吟光が「たまごかけごはん」を愛好し、日本に広めた説がある事、町内に西日本最大の養鶏場があることから”たまご”での町起しがスタート、その第一弾として「たまごかけごはん」の店「食堂かめっち」がオープンされたとか。場所は、美咲町中央運動公園、幸福広場。

Sponsored Link



名称  美咲流たまごかけごはん「食堂かめっち」
所在地  〒709-3717 久米郡美咲町原田2155
TEL  0868-66-1123
概要  朝、国道53号線を走っていて「たまごかけごはん」の黄色い幟が見えたので、軽く
朝食を取って家を出発したのだが立ち寄ってみた。

丁度開店時間9:00の直前だったので、すでに十数人の方たちが店の前でドアが
開くのを待っていた。

話をしてみると、大阪や広島など結構遠方の方も混ざっており、たまごかけごはんに
対する関心を持つ方々の広がりの広さに驚いた。

美咲流の中身は?

1.毎日産みたてのたまごを入荷

2.ご飯は町内の棚田で栽培した「棚田米」

3.地元の醤油、味噌、漬物

4.器は特産品の「桜湖焼」

5.タレは、地元の醤油をベースにし、しそ、のり、ねぎの三種類

これで、黄福定食ー卵・ご飯・味噌汁・漬物ーが350円

結構いけますよ・・・・是非一度お試しを!

他にも、黄福のオムレツ、黄福巻き、黄(気)になる卵とじ、美咲うどん、日替わりの
一品料理、などを300円~500円で食べることができる。

料金  300円~500円
営業時間  9:00~17:00(オーダーストップ16:30)
休日  年末年始、時々臨時休業あり
交通  中国自動車道院庄ICより車で約30分、

JR津山線亀甲駅より徒歩約10分

駐車場  有り

Sponsored Link