拝殿ー穴門山神社ー

拝殿

崇神天皇54年(13世紀)に皇女・豊鍬入姫命が八咫鏡(やたのかがみ)を奉じてこの地に4年間奉った後、伊勢に遷されたと伝えられている。備中式内18社の一つで、備中二の宮ともいわれる。

Sponsored Link



名称  式内社 穴門山神社(あなとやまじんじゃ)
所在地  岡山県高梁市川上町高山市1035
TEL  0866-48-3700
祭神 天照大神、倉稲魂大神、足仲彦命、穴門武姫命
概要  式内社とは、延喜式の巻九および巻十の「神明帳」に列する神社のことで、社格を権威
づける官社となっている。

延喜式は平安後期の延長5(927)年に撰上され、五十巻から成り、朝廷の儀式、行政の実施
に関する規範である。

当社は延喜式巻十に、備中国18社の中にその名があげられ、朝廷崇敬の神社であったことは
事実である。

創立は崇神天皇54年と言われているが、延喜、延長の時代はこの神社は、備中国
下道郡長田山と記されており、その地名にまつわる神々の伝説も多い。

倭姫世記という古書によると、崇神天皇から、天照大神のご神体である御鏡を
「何処へおまつりしたらよいかさがしてこい」という命を受けた豊鋤入姫命が、
紀伊国奈久佐浜宮より備中国名方浜宮(現在の穴門山神社)へ奉遷し、4年間
奉斎したと記されている。

朝廷の当社に対する崇敬のあつかったことがうかがえる。

祭神は、天照大神、倉稲魂大神(豊受大神ともいう)そして日本武尊の第二王子足仲彦命、
吉備武彦命の娘で日本武尊の妃である穴門武姫命の四柱を併祀している。

社殿は寛永9(1632)年秋焼失したものを、備中松山城主の池田出雲守長常が、寛永14
(1637)年再建寄進した。

権現造りの建築様式で、特に本殿妻側は懸魚、蛙梁、支輪、斗?組みで装飾性高く、余り県下
にその例がなく県指定である。

まわりの社叢は、県指定の天然記念物であり、昭和5年10月京大、田代善太郎先生の調査に
よると、438種の植物が記録されており、その種類の多いので注目されている。

神木のカツラは樹齢推定700年、株周囲8.93メートル、標高30メートル。

神木は本門そばの石段上の大杉と、境内崖下のカツラである。(現地案内版)

重要文化財  岡山県指定重要文化財、

本殿 昭和52年4月8日指定、

拝殿 平成7年4月7日指定、

棟札 平成19年3月16日、

本殿は宝暦3(1753)年の建築。三間社流造り、銅板葺きで、妻に装飾を施した流造りの
社殿で、全国的にも珍しい。

拝殿は18世紀前期の建築、入母屋造り、檜皮葺き。

天然記念物  岡山県指定天然記念物 穴門山の社叢 昭和31年4月1日指定、

海抜450mにある穴門山神社の境内約10haの中に周囲3m以上の巨木が林立し、自生植物
に珍奇種が多い。

交通  JR伯備線備中高梁駅より車約80分、または川上バスセンター行バス25分、
終点下車(乗換)高山市行バス30分、終点下車、徒歩約30分、

岡山自動車道賀陽ICより車約60分

駐車場  有り

Sponsored Link