きびだんご

きびだんご

おとぎ話、桃太郎の鬼退治の中で、桃太郎がキビを主原料にした団子を犬、猿、キジに与えたことは良く知られている。現在の「きびだんご」は、廣瀬屋の隠居武田半蔵(廣栄堂の先代)ら三人が、もち米を主原料とし上白糖と水飴を混ぜて柔らかい求肥にし、風味付けにキビ粉を加えて造った「きびだんご」を、安政3年(1856)廣栄堂の初代浅次郎が、岡山藩家老伊木三猿斎の指導を受けながら茶席向けに改良したことに始まる。