撫川城跡

撫川城跡

撫川城は、永禄2(1559)年に備中成羽城主三村家親が、備前の宇喜多直家の侵攻に備えて築城したといわれている。城跡は東西77m、南北57mの長方形で、外側に幅15mの濠をめぐらしている。約30アールの城跡の北側と西側には完全な石垣が残り、水をたたえた濠が周囲を取り巻いていて、戦国時代末期の沼城の跡を留めている。

Sponsored Link



名称  岡山県指定史跡 撫川城跡(なつかわじょうあと)ー芝場城跡ー 昭和32年5月13日指定
所在地  〒701-0164 岡山市北区撫川423
TEL  086-293-1111 岡山市役所吉備支所
築城者  三村元親(備中松山城主)
築城年  永禄2(1559)年
様式  平城
天守閣  無し
概要 撫川城は泥沼の地に築かれた典型的な「沼城(ぬましろ)」です。

城の平面形状は、東西77メートル、南北57メートルの長方形を示し、幅15メートルの
濠がぐるりを巡っています。

西半に高さ4メートル強の高石垣ー野面(のづら)積みーと東半には土塁が現存しています。

また北西隅には、櫓台と思われる石垣の張り出しが見られます。

この城は永禄2(1559)年に備中成羽城主三村家親が、備前の宇喜多直家の侵攻に備えて
築城したといわれています。

備中高松の役ー天正10(1580)年ーには毛利方の国境防備の城「境目七城」の一つとなり、
当時の城主井上有景と秀吉軍との間で激戦が交わされました。

その後は宇喜多の支配下になり廃城となりましたが、江戸時代に戸川氏の領するところと
なりました。

戸川氏は安風(やすかぜ)(4代目)で断絶しますが、その弟達富(みちとみ)が撫川領分を
継ぎ「庭瀬城」の本丸・二の丸に知行所を設けました。

撫川城跡と庭瀬城跡とに呼び分けられていますが、もともとは一体の城だったのです。

なお、入口に現存する門は、、撫川地行所総門を明治になって現在地に移築したものと伝え
られています。

昭和30(1957)年5月、県の史跡に指定されました。

平成9年3月   岡山市教育委員会(現地案内板)

交通  JR山陽本線庭瀬駅より徒歩約15分、

山陽自動車道倉敷ICより車で約30分

駐車場  無し

Sponsored Link