矢筈城跡ー阿波川河岸よりー

矢筈城跡

矢筈城は、戦国時代、美作国と因幡国に勢力を有していた国人領主の草刈衡継が、標高756mの矢筈山に築いた全国でも指折りの高地にある山城。矢筈山の北西の山麓には「内構」と呼ばれる城主草刈氏の大規模な居館跡もある。

Sponsored Link



名称  岡山県指定史跡 矢筈城跡(高山城跡)附伝草刈景継墓所 平成18年3月17日指定、

やはずじょうあと(こうやまじょうあと)つけたりでんくさかりかげつぐぼしょ

所在地  津山市加茂町山下・知和、津山市他
TEL  0868-42-4402 津山市観光協会北支部
概要 草刈衡継(ひらつぐ)氏が天文元(1532)年から天文2(1533)年にかけて
築城、城郭の範囲は、東西1.6km、南北0.5kmで、県内最大級の規模。

天正12(1584)年に草刈氏が退城するまで約50年間一度も落城しなかったと
いう。

石垣、土塁、堀切等の遺構が確認される。

関連史跡 矢筈神社草刈神社

内構(草刈氏居館跡)、草刈景継墓所、若宮神社、成興寺(草刈氏菩提寺)

交通  JR因美線美作河井駅徒歩約90分、

JR因美線知和駅より千磐神社脇登山口まで徒歩約10分、山頂本丸跡まで徒歩約2時間、

中国自動車道津山ICより車約25分、徒歩約90分

駐車場  知和方面ー県道「津山智頭八東線」沿い、「千磐神社」横の駐車スペース、

山下方面ーJR因美線「美作河井駅」構内駐車場

Sponsored Link