牧水二本松公園

牧水二本松公園

若山牧水が早稲田大学の学生であった明治40年夏、郷里の宮崎へ帰る途中、中国山地を旅して、二本松峠の茶屋「熊谷屋」で一夜を過ごした。後の代表作となる「幾山河越えさり行かば・・・」の歌が生まれた宿であるとされている。

Sponsored Link



名称  牧水二本松公園
所在地  新見市哲西町大竹171-1
TEL  0867-94-2112 哲西支局地域振興課
概要 「牧水二本松公園」は歌人若山牧水の顕彰と、地域住民の憩いを目的につくられた公園。

園内施設(総面積4,000㎡)、

明治40年に牧水が宿泊した熊谷屋(復元)、

全国的にもめずらしい親子3人(牧水、喜志子夫人、長男・旅人)の歌碑

水上ステージ。

若山牧水の生誕地である宮崎県東郷町寄贈のヤマザクラ

この牧水二本松公園のすぐ横は備中国と備後国の国境

現在は、岡山県と広島県の県境、

交通  中国自動車道新見ICより車で約30分、

中国自動車道東城ICから車で約10分

駐車場  あり

Sponsored Link