奈義町現代美術館

奈義町現代美術館

奈義町現代美術館は、建築家・磯崎新氏のプロデュースのもとアーティスト達に、全く新しい構想からなる作品を依頼して美術館として建築したもの。三つの展示室からなり、それぞれの外観は太陽、月、大地を象徴的に表している。近くには、図書館・奈義町観光案内所・軽食喫茶モカ・工芸特産品販売所などがある。

Sponsored Link



名称  奈義町現代美術館
所在地  〒708-1323 勝田郡奈義町豊沢441
TEL  0868-36-5811
展示種類  現代美術
主要展示品  現代美術家三作家の常設展示(立体作品)、

荒川修作+M.ギンズ「遍在の場・奈義の龍安寺・建築的身体」、岡崎和郎
「HISASHI-補遺するもの」、宮脇愛子「うつろひ」

特色 第三世代の美術館。

古いコレクションの収蔵と公開を目的とした19世紀に成立した第一世代、
立体と平面の作品を壁と床に展示する抽象的均質空間をもつ第二世代に
対して、特定の作家による特定の場所に限定して構想された作品に対応
するものが、60年以降の現代美術にとって特に求められており、それを
第三世代の美術館と呼べるだろうが、この現代美術館はその典型的な範例
となっている。

ここには、三作家の三作品がその形態から、太陽・月・大地を暗示すると
よむことも出来るが、中央を貫く軸が、その土地を象徴的に支配している
那岐山頂にむけられており、全体の建物が神話的構成を成している。

料金  (個人)一般700円 高校生500円 小・中学生300円、

(団体)20人以上一般500円 高校生350円 小・中学生200円

開館時間  9:30~17:00(16:30まで受付)
休館日  毎週月曜日 月曜日が祝日の場合祝日の翌日
交通  JR津山線/行方・馬桑行きバス30分/奈義町現代美術館前下車徒歩3分、

中国自動車道美作IC または津山IC/車20分

駐車場  普通車30台 バス2台
URL 奈義町現代美術館

Sponsored Link