本殿ー五香宮ー

本殿

本殿は、寛文7(1667)年の再建、その後大正7(1918)年大きく改築されている。古くは海上安全、航海守護の神、住吉神社と呼ばれる。神功皇后が海路の平安、ご安産を祈願をされた伝説がのこり、神功皇后ご着用の御腹帯が御神宝として伝わっている。その他、宝物に鎧・馬具(いずれも県指定)がある。一間社神明造り銅板葺き。

Sponsored Link



名称  五香宮(ごこうぐう)
所在地  〒701-4302 瀬戸内市牛窓町牛窓本町2720
TEL  0869-34-5197
主祭神  住吉三神(底筒男命、中筒男命、表筒男命)
神功皇后、応神天皇
特色  神社正面の石段下、道路横に牛窓伝説の御神石、神功皇后御縁の纜石(ともづないし)
がある。
交通  JR赤穂線邑久駅より車約20分、または牛窓行バス25分終点下車徒歩約6分、

岡山ブルーライン邑久ICより車約15分

駐車場  有り(普通車10台)

Sponsored Link